ジョンスコとドクター・ジョン

未分類

「秋葉原のレコード屋に行ったらドクタージョンとジョンスコのビデオ流しとったでー」

これもまた30年近く前の話になる。

私のドクタージョン好きをよく知る親友が教えてくれた。

「ジョンスコとドクタージョン?」

「多分、ピアノ弾いとったデブのおっさん、ドクタージョンやったと思うで」

当時、アマゾンなどない時代。

週末に秋葉原のレコード屋で早速購入した。

後になって色々と聴くうちに、ジョンスコのニューオリンズ好きが徐々にわかってきた。

自身のアルバムでもあのHuey ‘Piano’ Smithの名曲、Rockin’ Pneumoniaなど色々と演奏している。

ギターでメロディーをとるにはやりにくい曲に思えるが、そこはジョンスコ、自身のフレーズでクールに演奏している。

この動画で演奏しているPlease send me someone to loveは私が大好きな曲のひとつだが、ドクターもまた見事にドクター節で弾き倒している。

ソロの入り口から、ターンアラウンド、フレーズ、ヴォイシング。

どこを切ってもドクターだ。

フォーマルな雰囲気の収録ライブで、どことなく緊張しているような姿がまた新鮮。

VHSのリリースが1990年となっているので、親友が教えてくれた、あの時は出たばっかりだったのだろう。

あの時のビデオもデッキで絡まってしまい、数年前にDVDで買い直した。

ちなみに二つ目の動画は、これも大好きなピアニスト、Gene Harris
この演奏も素晴らしい。

Live Three Way [DVD] 

TTV

コメント

タイトルとURLをコピーしました