Po’ boy blues

未分類

「えーっと、ポーボーイひとつください。」

ニューオリンズを訪れたら食べようと思っていた食べ物のひとつ。

Poboyはフランスパンのサンドイッチだ。

他で食べる同じようなものとどう違うのかよく知らないが、ルイジアナあたりではそう呼ぶ。

ニューオリンズの繁華街の一画でPoboyの看板を見つけ、とりあえず入って冒頭のように注文した。

体格のいい黒人女性の店員だった。

「あん?ウチにあるのは全部ポーボーイよ」

と、ぶっきらぼうに言うではないか。

「おー、すげえ」心の中で呟いた。

まるで映画「Blues Brothers」のアレサフランクリンではないか!?

あのワンシーンに飛び込んだような錯覚に陥った。

 

残念ながら店の奥からマット・マーフィーは出てこなかったし、その後、店員の彼女がThinkを歌うこともなかった。

映画の舞台はイリノイだし、ジェイクが注文しているのはフライドチキンだね。

あのシーン風なら

Got any po-boy?

Best damned po-boy in the state

といったところか。

そのあと、どんなPoboyを注文したか、まったく記憶にない。

何せ30年も前の話だ。

https://www.frenchquarter.com/new-orleans-po-boy-tradition/

Poboy blues – Jon Cleary

U-NEXT

コメント

タイトルとURLをコピーしました