斬新なコード付けで生まれ変わる聖者の行進 Dr.John

未分類

どこまでもドクター流

ドクター・ジョンは数々のカバー曲を演奏しているが、どれも斬新なアレンジをしている。

リズムを変え、コードを変え、メロディーを変える。

もはや原曲がわからなくなってしまうほどに。

デュークエリントンの生誕100年を記念して制作されたアルバム「Duke Elegant」ではどの曲もバッサリ変えてドクター流に演奏しているし、他のアルバムでもたくさんそう言う演奏を聴くことが出来る。

原曲を知っている人は思わずニヤリとしてしまうのでは無いか。

聖者の行進

そんな大胆なアレンジの中でもリハーモナイズ(違うコードをつけてしまう事)している曲がたまらなく好きだ。

中でもお気に入りはWhen the saints go marchin’ in

邦題で言うところの「聖者の行進」

いくつかのアルバムで聞くことが出来るが、Dr.John teaches New Orleans Pianoでは最高にイカした演奏をしている。

他にはアルバム「Dr.John Plays Mac Rebennack – The Legendary Sessions Vol.1」では”Saints”と言うタイトルで演奏している。


もはや違う曲と言っても良いのだろう。

付けているコード進行そのものは決して新しいわけでは無く、むしろ定番のコード進行の組み合わせだが、その使い方が素晴らしい。

ワクワクするような使い方。

どう弾いたら最高にエキサイティングな演奏になるか。

そう言うことをいつも追求していたに違いない。

TTV

コメント

タイトルとURLをコピーしました