はもん堂

オルガンミュージックの世界

未分類

Walk with me 〜Gospel music〜

投稿日:

「クセが強い!」(岡山弁)

ゴスペルの音楽は、もちろん演奏も最高だけど、パフォーマンスがまた最高。

エンディングなんかもうニヤニヤしてしまう。

鍵盤の掃除?

演奏も聴いて欲しいが、5分20秒あたりからが楽しい。

↓↓同じ曲をジョンスコも演奏している。

ピアノとヴォーカルには、大好きなJon Cleary(ジョン・クレアリー)が参加している。↓↓

Piety street / John Scofield

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Buckwheat Zydecoのハモンドオルガン

ザディコ(ザイディコ)の大物、バックウィート・ザディコがオルガンを演奏する姿を初めて見た。 アコーディオンがトレードマークで、ザディコミュージックの世界では超大物である。 残念ながら数年前に亡くなって …

no image

ハモンド・オルガンのブログ始めます。

やっぱりオルガンミュージックの話もしたい。

no image

Cory Henry ~コリー・ヘンリー

 最初の投稿は何にしようか迷ったけれど、この人にします。 オルガンにしろ他の楽器にしろ、ゴスペルはものすごく引き込まれる。 この、コリー・ヘンリーはゴスペル音楽のオルガン奏者でもあり、スナーキー・パピ …

no image

Melvin Rhyne

 Facebookに滑り込んできたEric Alexanderのバンドのミックスを聴いていたら、バックのハモンドオルガンがいい音を出していた。 Four Play – Some …

no image

Alligator Boogaloo

ロニーとルーの名コンビ このライブのハモンドは本当にいい音をしている。 程よいオーバードライブとレスリー 低音から中音域、高音までパワフルでブルージー。 さてさて。 このふたりの代表曲と言えばこの曲だ …