Mess Around(Part2)

未分類

“Mess Around”が収録されているアルバムといえば、言わずと知れたドクター・ジョンの超代表作、”Dr.John’s Gumbo”。

でも、このアルバムに収められているMESS AROUNDが良いとおもったのは、随分経ってから。

くどいようだけど、なんせ当時はピアノ弾きとしてのドクターしか頭になかったから。

あんまりベタだから、ブログに書くか迷ったけど、この作品に触れずして先には進めませんね。

ちなみにドクターはE♭で演奏しています。
なぜかニューオリンズピアノにこのキーは多い気がする。
管楽器に合わせる為か、ピアノの弾きやすさの為か。
多分その両方。

ピアノで演奏してみると感じますが、E♭、B♭はブルーノートが弾きやすい。
A♭は弾きづらい。

ゴスペルはG♭やD♭を演奏する事が多いような気がしますがどうなんでしょうか。

ちなみに原曲はレイチャールズ。
さらに原曲はCOW COW DAVENPORTの”COW COW BLUES”とも言えますが。MESS AROUNDというタイトルではやはりレイ・チャールズでしょうね。
映画の”Ray”の中でも、彼の転換期を象徴するシーンとして登場します。(ここではkey G)

ReRe 楽器はこちらからご覧ください

Amazon | ガンボ | ドクター・ジョン | ジャズ・フュージョン | ミュージック
ガンボがジャズ・フュージョンストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

https://www.amazon.co.jp/dp/B006QJT136/ref=cm_sw_r_cp_api_i_4O.ACb0TPQ8Z

U-NEXT

コメント

タイトルとURLをコピーしました