江口だんごのアンティークピアノ-新潟県長岡市の老舗に再訪-

新潟の特産品といって思いつくものと言えば、「酒」「米」、さらにお土産と言えば、「笹団子」はかなり定番のうちに入るだろう。

その江口だんごと言うお店は長岡にある。

実はこの店に行ったのは今回で二度目。

最初に行ったのはコロナ禍のぎりぎり前、2019年の秋だった。

その年、新潟、柏崎の親類を訪れた帰り、「この辺で、笹団子を買って帰るにはどこがいいかな」と聞くと、

「そうせや長岡の”江口だんご”らて。」

と新潟弁で教えてくれた。

聞くと、江口だんご本店は柏崎から関越自動車道の長岡インターに行く途中にあるというので、寄ることにした。

立派な店構えで、お団子屋さんというより、料亭のようだ。

中にはいると、雰囲気のあるアンティークのピアノと、その横に、品のよさそうな年配の男性が一人。

聞くとここの社長さんだそうだ。

自分は楽器をやらないが、音楽に対するあこがれのようなものから、このピアノを買ったんだそうだ。

「ピアノ、やられるんですか? もしよかったらどうぞ、弾いてみてください」

そういわれて一曲ひかせてもらった。

「C.C.RIDER」を弾いた。

よもやお団子屋さんでこんなに素晴らしいピアノにであえるとは。

あれから4年。

やっとコロナが落ち着き、またあのお店を訪れた。

社長さんの後ろ姿を見かけた。

あの時より少しお年を召したようだが、お元気そうだった。

仕立ての良いスーツをパリッときて、ステッキを持って店から出るところだった。

ピアノもあの時と同じ場所にあった。

背の低いピアノで、象牙の鍵盤、浅いタッチ。

私が行ったとき、女性の方がピアノを弾いていた。

声をかけると、その方はお店の方だそうで、1曲ひかせてもらっても良いかと声をかけると、快く応じてくれた。

今回は「Bourbon Street Parade」を弾いた。

Bourbon Street Parade on a 1920s Antique Piano in a Japanese Sweet Shop

やっぱり、いい音だ。

古くて、ニューオリンズピアノにぴったりの硬い、乾いた音がする。

お近くに行ったら是非立ち寄ってほしい。

江口だんご本店 | 明治35年創業・伝統の味と、日本の原風景が味わえる場所
のどかな田舎風景が広がる新潟県長岡市の宮本町に店を構える江口だんご本店。 豊かな里山と川に囲まれた千五百坪の敷地に、蔵構えの長屋門や古民家を再生させた店舗を配置。 地域伝統の「笹団子」や「幻の大正餅」など、お菓子を食べながら、日本の原風景の中でゆったりと流れる時間をお楽しみください。

お団子を買って店を後にした。

サウンドハウス

コメント

タイトルとURLをコピーしました