ドクター・ジョンの歌声 I’d rather go blind

未分類

2014年のインタビューでドクター・ジョンはこんな事を言っている。

「僕自身は、自分の歌は最悪だと思ってる。でも昔一緒にやってたコンガ奏者に、どうしても歌えって言われて歌うようになったんだ。だから自分をヴォーカリストだと思ってない。
最初から歌う気は全くなかったってのが本心さ。フロントマンはどうも性に合わなくてね。」

ドクタージョンこと、マック青年に歌うよう助言した、そのコンガ奏者がいなければこのエタジェームスとの共演もなかったわけだ。

しかし、エタジェームスもドクタージョンも役者だなー。

まるで別れ際のカップルさながらだ。

歌の内容は、男が別の女とデートしているところを目撃してしまった女の気持ちを歌っている。

I’d rather go blind

意訳すればいっそ盲目になってしまいたい、と言ったところか。

睨み付ける様なエタの目と、何となく居心地の悪そうな素振りのドクタージョン。

こんな目で睨まれたらブルってしまう。

インタビューは2014年9月号のMusic Magazineより抜粋しました。

TTV

コメント

タイトルとURLをコピーしました